長い一日 @ 病院

このような形で練習をする羽目に

なるとは想像していませんでした・・・

 

これが感想。

何が?って・・・

 

帰国時の飛行機のように

缶詰の場所で一日を過ごす練習です。

 

なんとバレンタインデーの日に、

旦那の胆嚢摘出のための腹腔鏡手術を

ローザンヌの病院で行いました。

人生の中で超印象深い日になりましたよ(笑)

 

何時から始まって、

何時に迎えに行けば良いの?と病院に聞いても、

曖昧な回答ばかりで、

日本はどうなのか知りませんが、

「終わったらスタッフから連絡するわよ~」と

いうテンション。

モヤモヤした気持ちで一日が始まりました。

 

あ、日帰りなんですよ!

病院や担当の先生の方針によると思いますが、

旦那の場合、

ファミリードクターに紹介して頂いた先生が、

自分のクリニック内ではなく、

別の大きな病院で手術を行う方式で、

入院を伴う形だと、

費用がグンとお高くなるので、

日帰りとなった訳です。

 

その代わり、

2週間近くは自宅で安静にするので、

仕事は出来ません。

まあ、デスクワーク系なら、

自宅で行っても問題無いようですが。

 

だから!術後の弱った旦那を

迎えに行かないといけません。

 

「こちらから問い合わせて」

教えられた予約時間に旦那が到着し、

1時間くらい経った途端、

旦那からメールが。

 

「手術自体、1時間で終わるって!」

 

は~???

まあ、個人的な試算では、

昼過ぎかな~と思っていたのに、

想定外の回答だったので、

慌てて、チビにミルクを飲ませ、

乾燥機に入れていた生乾きのタオルを干し、

術後の旦那のご飯と思って作っていた

野菜スープをサッサと完成させ、

バタバタ、バスに乗りました。

 

8時半の予約時間に対して、

私が着いたの午前11時前。

f:id:LacLeman:20190216063052j:plain

 

そこから始まった、

良く分からないまま、

同じ場所に待機していないといけない

拷問のような時間。

 

義母や友人、旦那の同僚、

色々な方から様子を聞かれても、

「私が知りたいわ!」という時間が

続きました。

 

手術中に、何か問題でも起きたのかな?

・・・それより、

私とチビ、いつまでカフェテリアに

いないといけないの?!

チビのミルク、

2本しか作ってこなかったよ。

まあ、作ればいいんだけどさ・・・

とヤキモキしながら、

な~んと、15時半過ぎに

漸く、旦那本人から連絡がありました。

おい!

スタッフが電話くれるんじゃなかったの?!

 

f:id:LacLeman:20190216062953j:plain

4時間半、

カフェラテ&クッキー&スプライト、

計10フラン以内で

2席を陣取っていた私とチビ。

私の救いは、

見守ってくれていた店員さんと、

行き来する方に笑顔を振りまいて、

「可愛いねぇ」と褒めて貰っていた

チビの存在でした。

 

注射嫌いの旦那が勇気を振り絞って

受けた手術。

まだ続きがありました。

 

術後、会えたのに、

そこから水を飲む許可が下りるまで2時間、

食事を取って、排泄できるか確認するまで、

更に2時間の滞在を余儀なくされました。

 

ダメだ!

私の母乳と、用意してきたお湯と

スティックの粉ミルクを投入し、

チビの空腹を凌ぎました。

 

・・・私は・・・

サラミとアーモンドで凌ぎ・・・

旦那に配膳された夕飯のチーズを1本

横取りして頑張り、

帰宅後、日清カップヌードルのカレーで

ガッツリ空腹を満たしましたが、

ホント、まさか、20時に帰宅するとは

思いませんでした。

 

で、何が練習になったかと言うと、

チビが、、、あろうことか、

大量のウンチをして、

ヤバイと思って替えに行ったら、

ガッツリ、はみ出し・・・

 

これまで、

外でこのケースはなかったのです(涙)

しかも!ベビーシートが無いトイレで

作業することもなかったし。

 

病室のトイレだったからなのですが、

病室には、他の患者さんや

その家族もいらっしゃったので、

堂々と「くさーい」処理をすることもできず。

 

もう、トイレの床で大奮闘です。

 

いや・・・、

これを飛行機の中でやりたくないな・・・

 

あ、あと、チビが私のカーディガンに

ミルクを吐き戻すと言う事件も発生し、

ウェットティッシュでふき取ると言う

練習も致しました。

 

もう、処理をした時のゴミなり、

汚れた服を保管しておく方法を

もっと考えないといけないなと分かりました。

 

今回の病院での

滞在で経験したことを活かして、

帰国の飛行機では

快適に過ごしたいと思います!

f:id:LacLeman:20190216062817j:plain

自己嫌悪、再び

やってしまった(涙)と思ったこと、

チビを落っことした話に続き。。。

 

今度は、旦那の手術やチビの発熱、

その合間を縫いながら、

引越しの仕分け・梱包作業をしていたら、

自分の美容院の予約を

完全に忘れてしまったのです(涙)

 

あ~・・・なんてこった。

帰国前に、髪をさっぱり綺麗に

していきたかったのに、

1週間、自分の頭のカレンダーがズレていた。

 

ちゃんと、カレンダーにも書いてあったのに、

疲れ果て始めている私には、

もう今週末の予定に見えていたのです。

 

ホント、どうしてこうなるのかな・・・

仕事でも、こんなミスしたことないのに。

 

時間が無い・・・

 

だったら、ブログも書いているなって。

 

違うんですよ。

立って、ウロウロする作業が出来ないのです。

チビが大泣きするから。

 

生後3ヶ月過ぎてから、

よく理解出来ないのですが、

空間把握能力が高くなっているせいか、

私の気配、私の行動をずーっと監視して、

自分に向いていないと、

怒涛の如く、

泣き叫ぶようになってしまいました。

 

だから、PCの前には座れます。

膝の上に乗せてあやしている内に

チビが寝だし、ベッドに置いちゃうと

起きて文句たれるので、

仕方なくPCを立ち上げ、

片手でキーボードを叩いています。

 

そうだから、

旦那が帰宅してから、

そして、夜中になってから、

もしくは明け方早くに作業をしていました。

 

そうしたら、体力だけでなく、

思考回路もヤバくなってきちゃった(涙)

 

優しい美容師さんが、

別の日に予約をズラしてくれましたが、

本当に、申し訳ないことをしたな・・・と。

次に行った時に、ちゃんと謝罪をしなきゃ。

 

。。。ってか、こんな状態に私をしても、

ケロッと、夜は早々にベッドに寝転がり、

チビの面倒を見てとお願いすると、

こっちに持ってきて~と叫ぶ旦那が憎い。

 

お前が、帰国直前に出張に行き、

手術もして自宅安静にならなきゃ、

一人で奮闘しなくて良かったのに(涙)

 

まあ、愚痴っても始まらないので、

淡々と頑張ります。

f:id:LacLeman:20190213020220j:plain

日本の味☆&お土産に最適!

ちょっと前の話ですが、

旦那が急な出張で日本に戻った時の事です。

 

お土産を買ってきてくれたんですよ ♪

 

もうすぐ帰国しますが、

ずっと妊娠中から呟いていたこと。

「たらこが食べたい・・・」

「和菓子が食べたい・・・」

そして、スイスに来てからずっと呟いていたこと。

「ほたてのかいひも。。。食べたい」

 

それを叶えてくれました!!!

 

たらこ・・・明太子だったけれども、

しかも写真に残す前に食べちゃった。

でも、残り2つは収めました!

 

これね、、、

袋に「温めると美味しいです」と

書いてあったのに、

せっかちな旦那が空腹のあまり、

そのまま封を開けちゃったんですよね。

ん・・・で、私だけチンして食べた(笑)

そうしたら、

やっぱり温めたほうが美味しかったです。

ちゃんと、記載があった場合は、

それに従ったほうが良いと思います、旦那さん。

f:id:LacLeman:20190213011713j:plain

 

あと、もう一つは最中!

これね、賞味期限が通常の最中よりも

長いと思ったのですが、

それもそのはず!

餡子と最中が別々に包装されており、

食べる時に自分で最中に餡子を挟むのです。

だから、最中がサクサク、餡子はフレッシュ。

f:id:LacLeman:20190213014522j:plain

f:id:LacLeman:20190213014612j:plain

 

旦那みたいなタイプは、

「面倒、作って」と頼んできましたが、

・・・だったら、これを選ばなきゃ

いいじゃんって感じですが、

私は、こういうの大好き!

海外に住む日本人の方に持っていくには

良さそうな商品でした☆

レストランでお座り

最近、お座りの体勢が

以前より楽に取れるようになってきたチビ。

それは首が据わってきたからだと思います。

 

だから、お出掛けした際は、

レストランでベビーカーから出して、

私の膝の上でお座りをしています。

 

でも、怖いのが、

急に気になったものがあると、

体勢を変えて、パッと動くのです。

バランスを急に崩され、

最近は冷や冷やしています。

 

で、旦那が代わりに膝にお座りさせたら、

あろうことか、

テーブルに足を乗せたチビ。

旦那もビックリして、

足を下ろさせていました。

 

まだ、ベビーチェアに

一人で座れないので、

この体勢を採るしかありませんが、

補助器具が欲しいな・・・と

思うようになりました。

ウェストポーチみたいなので、

カンガルーみたいにポケットになっていて、

チビのウェスト上まで入れば、いいのにな。

 

そうしたら、イメージが近いものを

見つけました。

f:id:LacLeman:20190213003623j:plain

商品によっては、

椅子に括り付けるのではなく、

ママに括り付ける事で、

私のやりたいことを実現できるようです。

 

でも、、、思った!

ベビー用品が増えていくばかりだから、

一つに纏めたい。

 

抱っこ紐で、前向きに

チビを抱えられるタイプのものを

利用していますが、

その上部をジッパーで分けて、

取れるようにしてくれませんかね?

そうしたら、私のやりたい姿勢も

実現できるのですが・・・

 

チビが成長すると、

すぐ使えなくなるものが多くて

勿体無いけれど、

でも、その一瞬でもあると助かるというのが、

ベビー用品。

 

最近、ジャンパルーを探していたのですが、

ジャンパルーの足元をローラーに変えて

歩行器にも代わる商品がないか探しているのです。

出来れば、テーブル機能もあれば、

いいな・・・と、ワガママを言っていますが。

日本の家、、、だって狭いんだもの。

 

まあ、どんな時でも、

一石二鳥じゃなくて、三鳥、四鳥でも

狙いたい(笑)

子供を産んでから、

ドンドン根性が貪欲になっていく私なのでした・・・。

ご近所でランチ、ラーメン頼んでみた・・・

小児科の正面にあるレストラン。

昔から気になっていましたが、

入る勇気が無いまま、

いつの間にかちょっとリニューアル?

以前とは雰囲気がちょっと違っていました。

 

理由・・・ラーメン始めました?

店名に「寿司」が入るのに、

ラーメンを超宣伝している

雰囲気だったから?(笑)

 

ここで、ベビーベッドを貸してくれた友人に

会うことにしました。

 

SHUSHIZEN GRANCY

https://www.sushizen.shop/francais/shop-page/sushizen-grancy

 

店内には、能面がずらっと。

 日本でもいっぺんに見たことの無い数。

f:id:LacLeman:20190211205633j:plain

 

チビ、、、泣くかな?と思いましたが、

こういうものには一切関心が内容で(笑)

絵画だと、じっくり見るのですがね。

 

で、私がじっくり見ていたのは、

オーナー?フロア責任者?の女性。

来ていた雑誌か何かの取材陣の方々の

相手もされていたので、

それなりのポジションの方だとは思いますが、

超モデル級のスタイルなんです!!

スイスに来て、背の高い方は

何度かお見かけしましたが、

こんなに手足の長いスタイル抜群、

尚且つ、華がある方を見たことがなく、

おお!と感嘆の声を出してしまいました。

お前は、男か!な~んて(笑)

しかも、接客もテキパキしてくれました。

 

まあ、それは兎も角、

頼んだのは、塩ラーメン。

お肉をチャーシューでなく、

牛肉にしてみました。

f:id:LacLeman:20190213000353j:plain

 

一言で感想を述べると、

「味噌ラーメンにすれば良かった」です。

 

なんで、こんな感想なのかというと、

メンマと麺、牛肉もそれぞれ美味しかったです。

ただ、それらが繋がらなかった感じ。

何故なら、私が日本の塩ラーメンを

想像していたからです。

日本の塩ラーメンのイメージ=魚介の味が

強くなくて、

何故かスープの油がバター?と思うくらい、

バターの風味が感じられたからです。

 

そうなると、、、

味噌ラーメンの方が

美味しかったんじゃないの?と。

 

実は、周りのお客さん、

味噌ラーメンをよく頼まれていました。

 

そんでもって、牛肉が美味しかったって事は、

牛丼の方が美味しかったんだろうな~と(笑)

f:id:LacLeman:20190213001224j:plain

 

友人は牛丼を頼んでいたので、

見た目、美味しそうでした。

 

次は、牛丼&味噌ラーメンに挑戦したいです☆

急な発熱、原因は?

前回の投稿で、ちょっと触れましたが、

なんと、うちの旦那、帰国直前に

スイスで腹腔鏡手術をすることになったのです。

原因、、、ずっと指摘されていた胆石です。

 

私がこの状況に怒り心頭なのは、

想像容易いことだと思いますが、

(だって、そうだと思いません?

 ただでさえ、引越しの荷物の

 梱包で忙しいのに、

 すぐベッドに寝かせると、

 ギャーギャー泣くチビがいて、

 正直、何も進まないんですよ。

 それなのにぃ!!!みたいな)

コンサルテーションの為に、

CHUVに出向いたのです。

 

・・・同伴なんてしなくて良いのでしょうが、

やはり手術なので、

家族もそれなりに対応すべき項目がありますし。

その確認も、色々したくて。

 

CHUVへは、

マタニティ棟ばかりに通っていましたが、

初めて本館にお邪魔することに。

おお、やっぱり大きな病院なのですね~!

 

って、チビも興味津々。

キラキラした目で色々見ては、

嬉しくて、ぴょんぴょん跳ねていました。

ホント、、、社交的だな~と。

通り過ぎていく多くの人が、

チビに声を掛けてくれて、

チビも怖がりもせず、ニヤニヤ対応して。

 

そうして戻った夜、

何となく汗を良くかくな・・・と

チビを抱き上げるたびに思っていたのですが、

夜中、オムツを変えようと起こしたら、

あれ???超この子、熱い!!!

 

起きたチビは、

ぐったり。。。という訳ではなく、

でも、いつもみたいに

やんちゃに動くのではなく、

可愛く甘えん坊モード。

 

あ!こりゃ、予防接種のときに発熱の時と

同じ雰囲気だわ。

このまま放置したら、

ぐったりするパターンだ!

 

熱を測ったら、

え~、38.9度あるじゃないですか。

 

そうしたら、急にブリブリブリ。

ウンチをしたのです。

もしかして、ロタとか、ノロ????

 

一瞬、ヒヤッとしましたが、

普通に健康的なウンチでした。

も~、なんでこのタイミングにウンチなの?

しかも、チビ、ニヤニヤしているし。

 

でも、熱は熱。

初めは、様子を見ようと思いましたが、

以前貰った解熱剤の使用方法を見て、

即、投与することを決めました。

だって、38.5度以上になったら、

1日4回のペースでとなっていたから。

熱さまシートもピタッと。

 

多分ですが、CHUVに行った時、

本館だったので、様々な体調の人が来ており、

エントランスの待合でも、

酷い咳をしていた方が沢山いたのです。

マスクしてよ。。。って思うくらいの。

風邪を貰ってきちゃったんだろうな・・・

 

幸い、その後は、37度台後半で

熱が推移する雰囲気になったのですが、

頭はアッチッチ。

目玉焼きでも焼ける?!(笑)

 

赤ちゃんの熱って、

すぐ下がらないとは知らず、

翌日にケロッとしていることを

望んでいたのですが、

結局、3日目にたまたま入っていた

小児科の予約まで状況は継続しました。

しかも、お腹を中心に発疹まで。

 

で、小児科での診断結果。

「ウィルスへの反応だろうね・・・。

 また状況が悪化したら、

 緊急病院へ迷わず行ってね。」

 

・・・それだけ????!

何のウィルスかも調べないし。

予防接種は翌週に延期しましたが、

そんな判断なら、私でもするわ(笑)

病名も分からないそうです。

 

で、週も明けましたが、、、

チビの発疹は目の瞼にまで。

熱は平熱に戻ったけれども、

心配で仕方ない新米ママの私です。

しかし、、、

様子見するしかないようです。

 

病院って何のためにあるの~???!

♪ 教えて~、スイスの国民よ~

アルプスの少女ハイジ・・・

 「おしえて」のメロディーで)

f:id:LacLeman:20190211204830j:plain

 

保育園の内定貰えた(涙)

帰国を控えて、

一番ドキドキしていたのが、

4月からの私達の置かれる状況が

不透明だったことです。

 

私、仕事に復帰できるの?

 

それは全て保育園の内定を貰えるかどうか。

 

しかも、それによって、

自分達で飛行機で持ち帰る荷物と、

業者に委託しちゃう荷物も変わってきます。

 

更に、すぐ住めないのに、

保育園申込のために契約した

家の家賃問題も発生するし。

 

ダブルインカムじゃないと、

やはり固定費部分は、

考え直さないといけないため、

契約する時も、超最低限に抑えていて、

その為、ちょっと狭い物件なんです。

 

勿論、復職して、すぐ従来通りの働きが

出来るわけではありません。

多分、残業とか出来ないんだろうな・・・

いや、そういう仕事の仕方をしたいというよりも、

何か緊急事態があるときに、

チームで協力して集中処理できるかっていうと、

お任せしなければならないんだろうな・・・と。

 

そうなると収入も、従来よりも低くなるのは、

見えているし。

 

でも、もっと育児休暇が長引いたら、

更に生活水準を相当低い水準で

抑えなければならなかったと。

 

ドキドキで迎えた入園内定通知日。

予定通り通知の書類が届いておらず、

会社からも状況説明を求められていたので、

旦那に区役所へ直接連絡してもらいました。

 

そうしたら、口頭ですが、

第一希望の保育園への内定が決まったと

教えていただきました。

ここ数年で一番安堵したニュースです☆

 

保育園は、ホント、自分達が住む建物の

隣の号棟の1階なんですよ。

非常に便利だし、

不透明だった先行きがパッと明るくなり、

救われました。

先行投資した家賃代も意味あるものになりました。

 

まあ、意見は様々にあると思いますが、

保育園の入園は戦略が重要なのだと痛感しました。

 

江東区中央区、2つのエリアを希望しており、

保育園の状況を確認した際、

0歳児の入園を希望するならば、

江東区の方が枠が多かったので、

江東区に帰国後住むことを決めました。

まあ、出国前も、私は江東区に長く住み、

慣れた土地だったので、

希望の保育園の順番を決める際も

スイスにいながらでも判断つきました。

 

あと、本当に江東区役所の

保育園を管轄している部署の職員さん、

ちゃんと状況を熟知しており、

一時帰国の際、相談しても、

色々データをベースに教えてくれたり、

事情に沿った解決方法も指南して下さいました。

待機児童という社会的問題を

必死に解決しようとしてくれている様子が

分かったので、

これで落ちても、仕方ない、

次の方法に掛けよう!と思えました。

 

1歳にもならないのに保育園に

入れるということは、

チビの負担を考えれば

可哀想な事かもしれません。

ただ、いずれ訪れる試練だと切り替えて、

会社から帰宅したら、

充実したチビとの時間を過ごせるように、

会社でも自分のスキルを活かしながら、

仲間を一つの目標に向かって働けるように、

自分も最大限の努力をしていこうと思います。

 

あ~、春から本当に文字通り、

新生活だ!楽しみ ♪

 

そんでもって、、、

スイスのことも忘れないように(笑)

チビをスイスの雄大な自然を見せたいから。

秋の大型連休には、、、スイスかな? ♪

・・・ちょっと早すぎるか・・・

===========

ちなみにこれは。。。フランス(笑)

f:id:LacLeman:20190207195014j:plain